2014年09月29日

SEED FOLKS in 上越

DSC_0805-1.jpg

久しぶりのツアー参戦。
かなりの地元・・・今回も同僚8人で!
まさよしさんの単独ライブは4月の
葛飾以来になるのかな〜と、落ち着いていた心のテンションが徐々に上がってました。

1部は2曲目に、私にっとって大好きで、何故かいつも心に沁みて泣いてしまう「コイン」
今日もステキな声に一気に引き込まれ・・・
ファットママの入りに叫び(笑)←コレかなりのお気に入り♪
週末〜セロリとすでに汗だく状態で楽しめました。

そして、休憩はさんでの2部
いつものグダグダMCもあり、
HOMEのイントロながれ、久しぶりに聞ける〜って思ってたら・・・
途中で演奏中止して、ぼーず2人にちょっとお願いって言ってギター置いて
はけてしまいましたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
こんな姿は初めて。
どこかのライブで手が攣った話は聞いたことあったけど、途中で退場なんて
今まで一度もなかった。
その後、ボーズ2人がとりあえず、場を繋げて、まさよしさん出てくるの待ってました。
このまま、ライブ中止?ってちょっと頭をよぎったり。
だって、途中ではけるなんて、今までにないことだし、手の痙攣?引き攣りがよほどのことなんだと・・・
数分後、まさよしさん登場。
小さなギター(あれはクエンカかな?)もって、「鳥、鳥!」ってキタローさんに言ってからの「名前のない鳥」
そこから5曲くらい、ハラハラしすぎて全く曲に集中できませんでした。
私の目線は、ほぼ手元に集中。
基本、いつもたぶんまさよしさんの顔見てることが
多いんだけど、なんだか辛そうな感じに勝手に思えて、そして時折、手を振って
攣らないようにしている姿に、泣きそうでした。
ワンモアでも途中、弾くの辞めてたしね。

エレキに変えてからの後半は
まさよしさん自身も笑顔があって、お客さんも盛り上がって、
それとともに、私のテンションも上がって、
「パンを焼く」
「ガムシャラバタフライ」
「ヤサ男の夢」
「Passage」
この流れは、本当に楽しめました。

アンコールでは
”ご心配おかけしました。もう大丈夫です”と本人からの言葉で聞けて
途中のままでは悔しいからと・・・弾き語りで「HOME」をやってくれました。
ラストは根無し草ラプソディー。会場一体で盛り上がりました。
そうそう、最後のMCで・・・「人間ドック行きます」って言ってましたわ!

思わぬハプニングがあって、気持ちが入り込めないところもあったけど
最後はまさよしさんのライブを楽しんでる姿にほっとしました。
太いネックのギターを持つとダメなのかな!?

今回のライブ、かなりの地元率だったみたいだけど
まさよしはもっと凄いんだ!!!!って言いたい気分です。
同僚は・・・手を痛めても、あんなに弾けるなんて凄いね!とは言ってくれたけどね。

私の心はちょっと不完全燃焼。
次の予定はFCライブまでないんだけど・・・コレはどこかへ行けってことかしら(笑)

【関連する記事】
posted by kana at 00:06| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(^^)
今回のファンクラブイベントの予習曲のアドバイスいただきたくてコメントしてますm(__)m
一緒にいく友達がほぼ曲を知らないので、どのアルバムをしぼってかそうかまよってます。
突然で申し訳ないのですが、よかったら教えてください󾠓
Posted by よね at 2014年10月06日 06:11
◆よねさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
そして、お返事おそくなってゴメンナサイ。
お友達を連れて、FCイベント!いいですね。
是非、そのお友達も楽しんでほしいです。
予習するのにいいアルバム・・・・
コレは、結構難しいです(笑)
ツアー用にというのなら、おすすめもしやすいですけどFCイベントはどんなことをやるかわからないので。
昨年発売されたベストアルバムはどうでしょうか。
ライブでもよくやる曲が網羅されているのでは。
The Road to YAMAZAKI 〜the BEST for beginners〜 [STANDARDS]
The Road to YAMAZAKI 〜the BEST for beginners〜 [SOLO ACOUSTICS]
あと、イベントの予習とか関係なく、ライブ盤のアルバムはおすすめです。
まさよしさんは、やっぱり”ライブな人”と思っているので。
Posted by kana at 2014年10月11日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック